top of page

骨・脳・免疫系に対する赤色光療法 (Red Light Therapy) 概要

更新日:6月6日

赤色光療法(RLT)は、フォトバイオモジュレーション(PBM)としても知られ、低レベルの波長の赤色または近赤外光を使って細胞プロセスを刺激します。この療法は、骨の健康、ミトコンドリアの健康、脳の健康、免疫系やCOVID-19、がん補完療法など、さまざまな健康効果について研究されています。


骨の健康

1. 骨再生の促進: RLTは、骨芽細胞活性を刺激し、コラーゲン産生を増加させ、血管新生(新しい血管の形成)を促進することによって、骨の治癒と修復を促進することが示されています。

2. 炎症の軽減: 骨損傷周囲の炎症を軽減し、治癒プロセスを促進します。

3. 骨密度の増加: いくつかの研究によると、RLTは骨密度を向上させ、特に骨粗鬆症のような状態の骨を強くし、骨折しにくくする可能性があります。


ミトコンドリアの健康

1. ATP産生の増加: RLTは、細胞のエネルギー通貨であるアデノシン三リン酸(ATP)の生産を増加させることにより、ミトコンドリア機能を改善します。これにより、細胞全体のエネルギーと機能を高めることができます。

2. 酸化ストレスの軽減: 抗酸化物質の産生を促進し、ミトコンドリアにおける活性酸素種(ROS)の蓄積を抑えることで、酸化ストレスの軽減に役立ちます。

3. 細胞修復の促進: ミトコンドリア活性を刺激することで、RLTは細胞の修復と再生プロセスを助けます。


脳の健康

1. 神経保護: RLTには神経保護作用があり、さまざまな神経変性疾患によるダメージから脳細胞を保護します。

2. 認知機能の向上: 神経細胞の活性を高め、神経炎症を抑えることで、認知機能、記憶力、学習能力を向上させることが分かっています。

3. 気分の改善: RLTは、神経伝達物質レベルを調節し、脳内の炎症を抑えることで、気分を改善し、うつや不安の症状を軽減することができます。


免疫系とCOVID-19

1. 免疫調節: RLTは免疫系を調整し、感染と闘う身体の能力を高め、過剰な炎症反応を抑えます。

2. 抗炎症作用: COVID-19の重症例にしばしばみられるサイトカインの嵐を管理するのに役立つ重要な抗炎症作用があります。

3. 呼吸機能: RLTは気道の炎症を抑え、肺の組織修復を促進することにより、呼吸機能を改善する可能性があります。


がんの補完療法として

1. 選択的細胞毒性: いくつかの研究では、RLTは健康な細胞を温存しながら、がん細胞に選択的にアポトーシス(プログラム細胞死)を誘導する能力を示しています。

2. 化学療法効果の増強: 細胞への取り込みを促進し、薬剤耐性を低下させることで、特定の化学療法薬の効果を高め、副作用を軽減する可能性がある。

3. 痛みと炎症の軽減: RLTは、がんに関連した痛みや炎症の管理に役立ち、がん患者の生活の質を改善する。


まとめ

  • 骨の健康: 骨の再生を促進し、炎症を抑え、骨密度を改善することが報告されています。

  • ミトコンドリアの健康: ATP産生を高め、酸化ストレスを軽減し、細胞の修復を促進することが報告されています。

  • 脳の健康: 神経保護作用、認知機能の向上、気分の改善が報告されています。

  • 免疫系とCOVID-19: 免疫系の調整、抗炎症作用、呼吸機能の改善が報告されています。

  • がんの補完療法:選択的ながん細胞のアポトーシスの可能性を示し、化学療法効果を増強し、痛みと炎症を抑えることが報告されています。


RLTの効用に関する研究は年々増えてきてます。当センターでは、全身振動運動を行いながらRLTをスタッキングすることで、骨と筋肉と脳に対する効果をパワーアップさせます。


ご興味がある方は、まずは無料体験に来てください!

閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示

骨密度と骨の健康スコアが変化する理由とは?

骨密度のTスコアや骨の健康(骨質)を示す脆弱性スコアの変化について簡単にご説明いたします。 TスコアとBMDを理解する まず、Tスコアについて説明します。長期的に骨の健康状態を追跡する際には、Tスコアではなく、骨密度(BMD)の実際の数値に注目すべきです。Tスコアは、あなたのBMDを健康な30歳の白人女性のBMDと比較するための指標です。しかし、Tスコアは標準偏差を示すものであり、BMDの絶対値で

Comentários


bottom of page