top of page

骨粗鬆症の血液検査と解釈について

更新日:6月22日

骨量が減っていく場合は原因を探ることが必要です。骨量減少の未発見の原因をよりよく理解するためには、骨粗鬆症の原因を見つけるのに役立つ検査を受けることが重要です。

標準的なDEXA骨密度検査に加え、以下の検査が適切かどうか、医師と相談されることをお勧めします。以下に、有用と思われる検査の例と、検査結果が意味する基本的なことを示しますので、ご自身の状況を医師とよくご相談ください。 


· ビタミンD 25(OH)D 血液検査

· イオン化カルシウム検査

· 不活性副甲状腺ホルモン血液検査(iPTH)

· 24時間尿中カルシウム排泄検査

· 甲状腺ホルモン機能検査(TSH)

· N-テロペプチド架橋(NTx) 尿中骨吸収マーカー検査

· N-テロペプチド架橋(NTx)血清骨吸収マーカー試験

· C-テロペプチド(コラーゲン架橋C-テロペプチド) CTx 血清骨吸収マーカー試験

· 骨形成マーカーP1NP検査

· 骨形成マーカーオステオカルシン検査

· 骨特異的アルカリ性リン酸塩(BAP)試験

· 椎骨変形評価

· 遊離コルチゾール検査(血液または唾液)

· DHEA検査(血液または唾液)

· C反応性蛋白検査(可能であれば高感度)

· ホモシステイン検査(血漿または血清)

· セリアック病とグルテン過敏症検査

· 性ホルモン検査

· オメガ3指数


骨粗鬆症の原因を明らかにするための検査


1. ビタミンD 25(OH)D血液検査

この検査ではビタミンDの血中濃度を測定します。この結果によって、カルシウムの十分な吸収と基本的な骨のサポートに重要なビタミンDの血中濃度を治療レベルに到達させるために必要なビタミンDの補給量がわかります。


結果からわかること

報告されている「正常」範囲は非常に広く、30~100 ng/mLであることが多い。現在では、32ng/mL未満ではカルシウムの吸収が著しく制限され、骨量減少につながる可能性が高いことがわかっています。骨を改善するには25(OH)Dの血中濃度が50~70 ng/mLが理想です。


2. イオン化カルシウム検査

これは、遊離カルシウム、つまり血液中のタンパク質と結合していないカルシウムの代謝活性部分を測定する簡単な血液検査です。この検査は、カルシウム摂取量の適正を評価するものではなく、副甲状腺機能(下記参照)の間接的な検査として行われます。また、ビタミンDの状態についても間接的に知ることができます。


結果からわかること

体内の血中遊離カルシウムは非常に厳密にコントロールされており、Merck Indexの報告によると、検査値の正常範囲は4.8~5.2 mg/dL(1.2~1.3 mmol/L)です。骨の健康について考える場合、副甲状腺ホルモンが過剰に働いている可能性を間接的に示す指標として、イオン化カルシウムが高いかどうかを調べます。イオン化カルシウム値が低い場合は、低アルブミンや低タンパク質状態に関連している可能性があります。


3. 不活性副甲状腺ホルモン血液検査(iPTH)

副甲状腺ホルモンの濃度が高いと、過剰な骨量減少が起こりますが、これは副甲状腺の活動しすぎが骨からカルシウムを奪うためです。過剰な骨量減少を食い止めるには、この過活動の医学的理由に対処する必要があります。また、ビタミンDが欠乏しているにもかかわらず副甲状腺ホルモン値が正常である場合は、マグネシウムが不足している可能性があります。


結果からわかること

副甲状腺ホルモン値が過度に高くなる2つの一般的な原因は、ビタミンDの欠乏(これはビタミンD3の適切な補充とモニタリングで簡単に改善できます)、および副甲状腺の活動しすぎ(これは副甲状腺の良性腫瘍によることがほとんどです)です。このような状況を改善するには、活動しすぎの副甲状腺を摘出する手術が必要になることが多いです。

副甲状腺ホルモンのレベルが高すぎると、骨からカルシウムが過剰に放出され、骨量減少の原因となり、さらに重要なことは、血中カルシウムが高くなることです。副甲状腺ホルモン値が高い場合は、内分泌専門医による治療が最適です。


4. 24時間尿中カルシウム排泄検査

この検査では、尿中に排泄されるカルシウムの量を調べます。この検査では、24時間分の尿をすべて大きな容器に採取し、検査室で分析して、尿の総量に含まれるカルシウムの量を測定します。過剰な尿中カルシウム排泄は、骨量減少や骨粗鬆症の一般的な原因です。


結果からわかること

平均的な食事を摂っている人の正常な検査値の範囲は、毎日尿中に失われるカルシウムが約100~250 mgです。250 mgを超えるカルシウムの喪失が懸念されると考えています。このような場合、まず4~5日間すべてのカルシウムサプリメントを中止し、24時間の尿中カルシウムを再検査します。それでも尿中カルシウム喪失量が多い場合は、骨量減少の原因となるため、この尿中カルシウム喪失量を減らすための措置を講じる必要があります。栄養学的、生活様式的、医学的アプローチが有効です。


5. 甲状腺ホルモン機能検査(TSH)

TSHは脳下垂体で産生されるホルモンで、甲状腺により多くのホルモンを産生するよう信号を送ります。TSHが高い場合は、通常、甲状腺が十分なT3とT4を生産していないことを意味するので、TSHレベルをチェックすることは、甲状腺機能低下をスクリーニングする簡単な方法です。甲状腺ホルモンレベルが高すぎても低すぎても、骨粗鬆症の原因になりますし、甲状腺薬の量が多すぎることもあります。甲状腺機能亢進症をスクリーニングするため、あるいはすでに甲状腺機能低下症の治療を受けている場合は甲状腺薬の量が多すぎないことを確認するために、遊離T3と遊離T4の検査が必要です。


結果からわかること

成人の一般的な検査値の範囲は0.35~5.50で、より理想的な値は0.35~2.0です。


骨吸収マーカー検査:NTx (尿、血清)、CTx (血清)

骨吸収(または破壊)検査では、尿中または血液中のある特定の骨タンパク質の量を測定します。骨が失われると、この骨タンパク質の断片が尿中や血液中に現れる量が増えます。通常N-テロペプチド架橋(NTx)尿検査を用いますが、他にもいくつかの検査法があります。その他、NTx血清検査やCTx血清検査もよく用いられます。


6. 尿中N-テロペプチド架橋(NTx)

結果からわかること

検査報告書によく記載されている検査結果の「正常」範囲は非常に広いことです。例えば、私たちの地元の検査所の検査報告書には、女性の閉経前の正常範囲は17-94 nM BCE/mMクレアチニンと記載され、閉経後の範囲は26-124 nM BCE/mMクレアチニンと記載されています。男性の範囲は3-51です。これらの範囲は有用というには広すぎます。


女性の場合、閉経前の平均的な女性のNTx値に近い値(尿中では35前後)が理想的ですが、閉経前後は60~80台、あるいはそれ以上に値が跳ね上がることがよくあります。成人男性の場合、NTxの平均値は27であり、数値が高くなるよりは理想的な値です。また、これらのマーカーは、パジェット病や骨がんなどのまれな疾患で非常に高くなることがあります。このような状況はまれであり、骨吸収検査に精通した知識のある医師であれば理解できます。

NTx尿検査で、骨形成プログラムの成功を判定することもできます。尿中のNTx値が40台まで下がれば、ほとんどの場合、骨の破壊が正常化したことを示します。しかし、骨の破壊が非常に少なく、骨の増強がさらに少ないケースもあります。この状態は「低回転骨粗鬆症」と呼ばれ、NTxが低くても、骨密度検査で有意に骨が減少している(5~6%)場合に発見されます。


血清N-テロペプチド架橋(NTx)

結果からわかること

NTx骨破壊マーカーは血液中でも測定できます。メーカーが公表している女性の測定範囲は 6.2-19.0 nM BCE/Lで、平均値は12.6です。男性の測定範囲は5.4-24.2 nM BCE/Lで、平均値は14.8です。繰り返しますが、この範囲は広すぎて、役に立ちません。女性では12以下、男性では14以下が望ましいです。


7. 血清1型コラーゲンC末端テロペプチド(CTx)

CTxは、骨タンパク質マトリックスのカルボキシ末端に由来するペプチド断片である1型コラーゲンのC末端テロペプチドを検査します。CTxは、骨破壊の速度と骨吸収抑制の自然療法または薬物療法の有効性をモニターするために使用される血液検査です。血清CTx検査は、朝一番の食事前(絶食状態)に行います。この血液検査の12時間前には、毛髪、皮膚、爪のサプリメントやマルチビタミンによく含まれるビオチンやビタミンB7を含むマルチビタミンや栄養補助食品を摂取しないでください。


尿中NTxや血清NTxと同様に、血清CTxの測定範囲は非常に広いです。例えば、ある検査会社では閉経前女性について34〜635 pg/mLの範囲を使っています。残念ながら、閉経前の平均値はNTx検査のように文書化されていないので、閉経後の目標値を知ることは難しいです。これまでの研究をまとめると、骨薬を使用していない閉経後の女性には、おそらく400か450が良いレベルですが、確かなことはわかりません。

骨破壊を抑制する骨薬を使用している場合、このマーカーは骨破壊を抑制する程度を反映します。CTxが150から200 pg/mLの範囲まで下がると、顎骨壊死のリスクが報告されています。


これらの検査のいずれにおいても、理想的な範囲を超える値は、骨量減少が起こっていることを示す可能性があります。これらの骨破壊マーカーが30%以上減少するか、あるいは若年成人のレベルにまで正常化することを確認することを推奨します。 これらはすべて、朝一番の食事前(絶食状態)に行うので、検査の少なくとも12時間前からは、毛髪、皮膚、爪のサプリメントやマルチビタミンによく含まれるビオチンやビタミンB7を含むマルチビタミンや栄養補助食品は摂取しないことが重要です。


骨形成マーカー検査 (P1NP、オステオカルシン、BAP)

骨形成検査は、新しいコラーゲンや新生骨の発生率を評価するものです。一般的な検査は、P1NP検査、オステオカルシン検査、BAP(骨特異的アルカリリン酸)検査の3つです。


8. 血清・血漿Ⅰ型プロコラーゲン-N-プロペプチド (P1NP) 検査

P1NPは骨形成検査のマーカーとして好まれています。P1NP(pro-collagen type-1 N-terminal propeptide)は骨を形成する細胞によって形成され、コラーゲンと骨の形成速度を反映します。P1NPは最も感度の高い骨形成マーカーであり、特に骨形成療法のモニタリングに有用です。この検査は、自然療法または薬理学的骨粗鬆症治療を開始する前のベースライン時、および3~6ヵ月後に再度実施することが推奨されます。採血は血清でも血漿でもかまいません。検査は朝一番の食事前(絶食状態)に行います。

骨代謝(吸収・形成)マーカーにおいて、CTXが高いかP1NPが低い患者は、骨粗鬆症の正式な診断がなくても、骨折のリスクが高い可能性があるという事実が支持されています。これらの検査をスクリーニングに使用することは、国際骨粗鬆症財団や全米骨粗鬆症財団によって推奨されていますが、臨床現場ではほとんど実施されていません。最近の臨床研究により、これらのマーカーをスクリーニングに使用することが検証されています。


9. オステオカルシン濃度

オステオカルシンは骨基質において最も重要な非コラーゲンタンパク質です。オステオカルシンは骨芽細胞によって産生され、骨の骨芽細胞活性のマーカーとして広く受け入れられています。骨基質に取り込まれたオステオカルシンは、骨吸収の際に基質から循環中に放出されるため、骨形成の特異的マーカーというよりはむしろ骨代謝のマーカーと考えられています。オステオカルシン検査は血液検査であり、朝一番の絶食状態で行います。この血液検査の12時間前には、毛髪、皮膚、爪のサプリメントやマルチビタミンによく含まれるビオチンやビタミンB7を含むマルチビタミンや栄養補助食品を摂取しないことです。


10. 骨特異的アルカリホスファターゼ(BAP)検査

骨特異的アルカリホスファターゼ(BAP)は、骨を形成する骨芽細胞の細胞表面に見られる糖タンパク質です。骨芽細胞活性の指標として、BAPは骨形成のマーカーです。骨特異的アルカリホスファターゼは、骨粗鬆症やパジェット病における骨リモデリングに関する有用な情報を提供します。BAPは一般に、骨形成に伴って変化する最初の骨形成マーカーです。


11. 椎骨変形評価

これも骨のX線検査で、脊椎の各椎体を撮影し、変形や骨折の有無を調べます。椎骨変形評価は、背骨の「側面」ビューを撮影する特別なソフトウェアを備えた、新しい骨密度検査装置で行うことができます。


結果でわかること

X線専門医は、各椎体について、異常、変形、骨折などを報告します。


12. 遊離コルチゾール検査(血液または唾液)

コルチゾールは、副腎の一部である副腎皮質で産生される副腎皮質ホルモンです。不安やストレスへの反応に関与することから、通常「ストレスホルモン」と呼ばれています。コルチゾールレベルが異常に高いと骨にダメージを与えるため、骨粗鬆症や外傷の少ない骨折の主な危険因子となります。この検査は血液または唾液で行うことができます。


結果からわかること

コルチゾールは、早朝に上昇し、日中は下降するはずの「起き抜け」ホルモンです。したがって、検査結果は検査を受けた時間帯によって異なります。検査機関では正常範囲の数値を提示しており、検査結果を解釈する際には検査のタイミングを考慮する必要があります。


13. DHEA検査(血液または唾液)

デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)は、副腎と卵巣の両方から分泌されるホルモンです。DHEAはコルチゾールの作用を中和する働きがあります。DHEAは骨密度を保護し、増加させるのに役立ちます。ヨガや瞑想などのストレス軽減活動は、年齢を重ねても若々しいDHEAレベルを維持するのに役立ちます。DHEAの低レベルは骨粗鬆症の危険因子です。この検査も血液または唾液で行うことができます。


結果からわかること

唾液検査では、その結果がコルチゾール検査の結果と相関することが多いです。また、DHEA-S、つまり硫酸化形態のDHEAとして測定されることも多いです。この場合も、使用する検査法によって、各検査機関で正常範囲が異なります。


14. C反応性蛋白検査(可能であれば高感度)

C反応性蛋白は血漿蛋白で、体内の炎症全般のマーカーとされています。心臓病は大部分が炎症性疾患であるため、心臓病の危険因子として知られています。骨粗鬆症もまた炎症性疾患であり、この検査は骨の健康問題を引き起こす可能性のある不要な炎症を検出するのに役立ちます。


結果からわかること

一般的にC反応性蛋白(またはCRP)検査では、スコアが低いほど炎症が少なく、良い数値となります。高感度CRP値が1.0 mg/dL未満であることが理想的です。


15. ホモシステイン検査(血漿または血清)

ホモシステインは非食物性アミノ酸の一種で、食物性アミノ酸であるメチオニンの代謝産物です。十分なビタミンB群がないと、ホモシステインは体内に蓄積します。この物質が高レベルになると、コラーゲンに損傷を与え、心血管疾患や骨粗鬆症性骨折の強力な危険因子となります。


結果からわかること

血中ホモシステインの正常値は5~15 mM/Lです。ホモシステイン値が8以下であることが理想的です。


16. セリアック病とグルテン過敏症検査

セリアック病やグルテン過敏症は、腸の炎症を引き起こします。この炎症は、複雑な炎症カスケードと関連しており、骨損失を増加させる可能性があります。また、セリアック病の患者は消化機能が弱く、ビタミンA、K、Dを含む多くの栄養素の吸収不良に苦しんでいます。グルテン過敏症やセリアック病の疑いがある場合は、適切な検査を検討するべきです。


結果からわかること

グルテン不耐症か、セリアック病と呼ばれる自己免疫疾患かを判断するには、様々な検査があります。自分に合った検査方法を、かかりつけの医師に相談してみましょう。


17. 性ホルモン検査

閉経後の女性プロゲステロン、エストロゲン 女性ホルモンはすべての女性において閉経とともに自然に減少します。この種のホルモン検査に関心のある方、あるいはホルモン補充薬を服用している方は、医師によるホルモンレベルの検査を受けるべきです。


閉経前の女性(生殖期のホルモン検査):プロゲステロン、エストロゲン10代から閉経期までの女性にとって、性ホルモンの適切なレベルは骨の健康にとって非常に重要です。エストロゲンまたはプロゲステロンのいずれかが低レベルであると、最適なピーク骨量の発達が制限される可能性があります。生理不順や生理不順が頻繁に起こる場合は、知識のある医師の診断を受ける必要があります。


著名なプロゲステロン研究者である内分泌学者ジェリリン・プライアー博士によると、米国とカナダの若い女性の約25%は、プロゲステロンレベルの低下をもたらす未検出の排卵障害のために、最適なピーク骨量を発達させることができないという。エストロゲンとプロゲステロンの検査は、骨の健康が懸念される閉経前の女性に役立ちます。

閉経前の性ホルモン検査には、血液検査と唾液検査の両方があります。各検査機関は、正常な性ホルモン検査結果の範囲を定めています。


男性の性ホルモン検査:男性の骨粗鬆症の一般的な原因はテストステロンの低下です。興味深いことに、エストロゲンも男性の骨の健康に関与しており、骨粗鬆症の男性にエストロゲンを検査することもあります。男性の性ホルモン検査には、血液検査と唾液検査の両方があります。各検査機関は、正常な性ホルモン検査結果の範囲を定めています。


18. オメガ3指数

この検査は、オメガ3指数、オメガ6とオメガ3の比率、トランス脂肪指数、24種類の脂肪酸の完全プロフィールを測定する簡単な血液検査です。この検査では、最新の研究に基づいて、他の脂肪酸レベルがあなたの健康について何を語れるか(あるいは語れないか)を説明します。オメガ3脂肪酸は、様々な健康状態に役立つことが示されています。また、一般的に健康的な加齢とも関連しています。残念ながら、ほとんどの人は食事からこれらの重要な栄養素を十分に摂取できていません。自分の脂肪酸の血中濃度が分かれば、わずか3~4ヶ月で食生活を見直し、血中濃度を変えることができます。


結果からわかること

健康的なライフスタイルの一環として、オメガ3指数が8~12%の範囲であれば、心臓、脳、目、関節の健康維持に役立ち、トランス脂肪酸指数が1%未満であれば、心臓と脳の健康維持に役立つ可能性があります。さらに、オメガ3指数スコアが6.8以上であれば、アメリカ人の平均オメガ3指数スコア4と比較して、致命的な心臓発作のリスクが35%低下し、あらゆる原因による死亡リスクが34%低下し、余命が4.7年延びるという研究結果もあります。

閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

骨の健康増進と骨粗鬆症予防に最適なサプリメント

年をとると骨がもろくなり骨折のリスクが高まります。この過程は骨粗鬆症といいます。 骨粗鬆症のリスクは女性の方が高いが、男性も骨粗鬆症にかかります。骨粗鬆症は、身体障害や死亡のリスクを高めます。転倒して股関節や大腿骨を骨折すると、何ヵ月も動けないことが多く、脳卒中や心臓病のリスクが高まります。 骨粗鬆症はまた、心臓病(1)、アルツハイマー病(2,3,4)、さらにはシワのリスク増加とも関連しています。

骨強化に最適な運動

どのようなフィットネス・レベルであっても、目標達成に役立つ運動があるはずです。自分に合ったエクササイズを見つけるために、骨を作るさまざまなエクササイズ方法を探ってみましょう。 骨の健康のための体重負荷運動 骨の健康のための筋力トレーニング運動 骨の健康のためのピラティス・エクササイズ 骨の健康のためのヨガ・エクササイズ 骨の健康のための太極拳 骨の健康のための体重負荷運動 骨は、骨に加わる力に反応

留言


bottom of page