top of page

Marodyne LiV vs Power Plate Move: 低強度振動 vs 高強度振動の使い分けについて

更新日:6月22日

骨粗鬆症患者に対して、マロダインLiV(低強度振動)とパワープレートMove(高強度振動プラットフォーム)のどちらを使用するかを決めるには、振動の強さ、患者の特定のニーズや状態、各装置の安全性プロファイルなど、いくつかの要素を考慮する必要があります。以下はその主な内訳です:


マロダインLiV


長所

  • マロダインLiVは、低強度振動(LIV)により骨密度を高めるよう特別に設計されています。

  • 安全性:振動の強度が低い(30 Hzで0.3 g)ため、骨がもろく骨折のリスクが高い骨粗鬆症患者に特に適しています。

  • 低強度振動が骨密度を改善し、骨粗鬆症患者の骨折リスクを低減することを特に支持する研究もある。


短所

  • この器具は骨の健康に特化しているため、より強度の高いプラットフォームが提供するような、筋力強化やフィットネス全般の追加的な利点は得られない可能性があります。


パワー・プレート・ムーブ


長所

  • 骨密度だけでなく、筋力、柔軟性、血行にも効果があります。

  • 多用途: この器具は、バランス、筋力、骨粗しょう症の管理にも重要な総合的なフィットネスの向上など、より幅広いエクササイズや目的に使用することができます。


短所

  • 骨粗鬆症を有する方に対する安全性の懸念:強度の高い振動は、すべての骨粗鬆症の方、特に重度の骨粗鬆症や骨折リスクの高い方には適さないかもしれません。激しい振動は、不快感や怪我につながる可能性があります。


骨粗鬆症への配慮


1. 骨粗鬆症の重症度: 重度の骨粗鬆症や骨折の既往歴のある方は、Marodyne LiVの穏やかな刺激からより多くの利益を得られるかもしれませんが、軽度から中等度の骨粗鬆症で、より活発な活動に耐えられる方は、Power Plate Moveの多機能性から利益を得られるかもしれません。


2. 総合的なフィットネス: 健康でより総合的なフィットネス・ソリューションを求めている方は、Power Plate Moveを好むかもしれません。逆に、負担をかけずに骨密度を向上させることに主眼を置いている方は、Marodyne LiVに傾くかもしれません。


3. 医師のアドバイス:骨粗鬆症を有する方は、新しい運動療法、特に振動療法を始める前に、かかりつけの医師に相談することが重要です。医師は、患者の全身の健康状態、骨密度のレベル、危険因子を考慮し、最も適切なオプションを勧めることができます。


まとめると、骨粗鬆症を有する方にとって、Marodyne LiVとPower Plate Moveのどちらを選択するかは、個人の健康状態、骨粗鬆症の重症度、全体的なフィットネス目標によって大きく異なります。一般的に、マロダインLiVは骨粗鬆症の程度が高い方にとってより安全であり、パワープレートMoveはより強い振動に耐えられる方にとってより幅広いメリットを提供します。

閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示

骨密度と骨の健康スコアが変化する理由とは?

骨密度のTスコアや骨の健康(骨質)を示す脆弱性スコアの変化について簡単にご説明いたします。 TスコアとBMDを理解する まず、Tスコアについて説明します。長期的に骨の健康状態を追跡する際には、Tスコアではなく、骨密度(BMD)の実際の数値に注目すべきです。Tスコアは、あなたのBMDを健康な30歳の白人女性のBMDと比較するための指標です。しかし、Tスコアは標準偏差を示すものであり、BMDの絶対値で

Comments


bottom of page